作家のことば

 私は1970年からの「切る」というテーマに始まり十数年かけて次のテーマである「ねじる」に徐々に移行し、1988年頃から「割る」というテーマで制作を続けてきた。
ちなみに私は1970年から85年までイタリアを中心としてヨーロッパ各国で発表活動や公開制作であるシンポジウム等に参加してきた。つまり割るというシリーズに入ったのは日本に帰ってからの新しいテーマであった。
そして現在は2000年頃からの「内側にひそむ形」というテーマで制作を続けている。それは、石を割ると石の中に今までなかった割れ目のつくる面ができ、その面に厚みを加え一つの石から彫り出すとどうなるのか興味を持ち、その面の構成に穴を開けたらそう見えるのだろうか、といったことに強く惹かれて制作しているのが今日、この頃である。

菅原 二郎
« Previous|1|23456789Next »
WEB GALLERY TOPお問い合わせHOME
2013 ArtSeed © All rights reserved.