大泉町発足50周年記念 佐藤忠良展 彫刻とスケッチ

会期/2007年4月1日(日)─ 4月15日(日)
会場/大泉町文化むら

主  催 (財)大泉町スポーツ文化振興事業団
後  援 大泉町、大泉町教育委員会
企画協力 アートシード

群馬県大泉町発足50周年を記念して佐藤忠良の展覧会が開催されます。
初期の代表作『群馬の人』は、作家が親元を離れ札幌の中学校に通っていたときに、親代わりとなって自分の「生き方の太い軸を築いてくれた」大泉町の人物を想って制作された作品です。大泉町にはこうした縁もあって佐藤忠良の彫刻が3点設置されており、親しまれています。
本展は『群馬の人』や『帽子・夏』をはじめとする彫刻の代表作8点を中核としながら、作家の制作の基礎ともなっている素描作品88点で構成されます。