諸熊仁志は1971年宮崎県に生まれ東京で育ち、1996年多摩美術大学美術学部彫刻科を卒業、1998年同学大学院美術研究科彫刻専攻を修了ました。その後、浮き輪と人体をモチーフにした連作 “LifeRing” など「生きる」ことをテーマとした作品を中心に発表を続けています。
シンプルな造形のなかにユーモラスで暖かみのある表情をたずさえた作品を制作する諸熊は今後の活動が大いに期待されている新進気鋭の彫刻家です。

諸熊 仁志 Hitoshi Morokuma


1971年
宮崎県に生まれる

1996年
多摩美術大学美術学部彫刻科卒業

1998年
多摩美術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了
個展を開催(21+葉ANNEX、東京)

1999年
個展を開催(ギャラリー21+葉、東京)

2002年
個展を開催(ガレリア・グラフィカ bis、東京)
*'04, '05, '06 も開催

2007年
「現代アーティストたちによる ココの世界」に出品(シャネル・ネクサス・ホール、東京)

Life Energy - tub -   2007  bronze  H16.0 x W23.6 x D21.9 cm

Life Energy - bath shoes -   2007  bronze  H9.8 x W26.4 x D9.8 cm

Life Energy - welding torch -   2007  bronze  H9.4 x W32.3 x D3.8 cm