展覧会のご案内

Space S Exhibition

スペース・S

美術館

ワークショップ

展覧会情報 ─ スペース・S

彩切貝蒔絵箱「黎明」
112×242×203 mm  

Striped Twilight

夜の帳が降りる頃、喧噪の街に燈がともりはじめ、やがて遥かな街並みから煌めく光のシンフォニーが聞こえてまいります。
夜景に魅せられ、漆と螺鈿で夜景の作品を作り始めて25年になりますが、まだまだ満足できることはなく、日々思い悩みながら制作を続けています。
いつしか夜の燈が光の残照となって目に残り、縞文様とみまごうようになりました。非情なまでにどこまでも交わることのない原初の文様、縞に心惹かれております。

スペース・Sは井の頭の森近く、年に2回開放される昭和初期の洋風家屋のギャラリーです。出窓からは優しい木洩れ陽が射し込み、四季の花に彩られた庭が望めます。
永くこよなく慈しまれてきた空間と、夜景の作品たちの出会い。新しい発見への期待に、心がはずみます。新緑のころ、時が立ち止まったような空間の中で、煌めく夜景をお楽しみいただければ幸いです。

2014年4月   三好かがり

彩切貝短冊箱「宵凪に」
435×96×92 mm  
彩切貝蒔絵箱「MIDNIGHT SESSION」
124×124×245 mm  
彩切貝蒔絵箱「Striped Twilight」
155×155×155 mm  
彩切貝小箱「Striped Twilight」
142×142×45 mm  

画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。
三好 かがり みよしかがり

    1954
  • 香川県に生まれる
    1977
  • 聖心女子大学哲学科卒業、漆芸家佐々木英氏に師事
    1984
  • 佐々木英氏急逝。独立し作家活動に入る
    第31回日本伝統工芸展初入選
    1985
  • 第2回日本伝統漆芸展初入選
    1986
  • 伝統工芸新作展初入選
    1987
  • 第4回日本伝統漆芸展 日本工芸会賞受賞 日本工芸会正会員になる
    1988
  • 第28回伝統工芸新作展 奨励賞受賞
    1994
  • カトリック御殿場教会の祭壇、聖櫃を制作
    1995
  • 伝統工芸新作展監査委員 Japanese Studio Crafts展に出品
    (ヴィクトリア&アルバート美術館/ロンドン)
    1996
  • Rainbows and Shimmering Bridges展に出品
    (ジャパン・ソサエティー/ニューヨーク、デンバー美術館/デンバー)
    2000
  • 日蘭交流400年記念日本現代漆芸展に出品
    (ヤン・ファン・デル・トフト美術館/アムステルダム)
    2001
  • 伝統工芸新作展監査委員
    個展「彩切貝の系譜」を開催(本間美術館/山形)
    2002
  • 香りのうつわ 今V 展(豊田町香りの博物館/静岡)
    2003
  • 特別展「まち」歌会始によせてに出品(神宮美術館/三重)
    2004
  • 文化庁新進芸術家海外研修生としてイギリス、フランス、イタリアに1年滞在
    2008
  • 第25回日本伝統漆芸展 MOA美術館賞受賞
    2011
  • 東日本伝統工芸展 朝日新聞社賞受賞

現在
日本工芸会正会員 日本文化財漆協会理事 壱木呂の会副理事長、神奈川県鎌倉市在住

主なパブリック・コレクション
東京国立近代美術館工芸館(東京)
本間美術館(山形)
ヴィクトリア&アルバート美術館(ロンドン)
磐田市香りの博物館(静岡)
国際交流基金
日本の家(アルゼンチン)