展覧会のご案内

Space S Exhibition

スペース・S

美術館

ワークショップ

展覧会情報 ─ スペース・S

《金赤被硝子切子鉢》
江戸切子 箕浦淑子の仕事 展を開催いたします。
江戸の文化のなかで育まれた江戸切子はガラスの表面に彫刻を施したことが始まりとされており、その技術は脈々と現代へと受け継がれております。
箕浦淑子は江戸切子小林英夫から技術を修得し、日本伝統工芸展を中心に制作活動を続けております。伝統の技のなかに独自の現代的な感覚を盛り込んだ箕浦淑子の仕事は江戸の粋と華を今に伝えるように思われます。
綺麗に面取りされカットされた面が光に反射し陰影をもたらし、向きを変えると微妙にその表情を変えていく。
江戸切子の真髄を是非この機会にお楽しみいただきますようご案内申しあげます。
《瑠璃被硝子切子》
《硝子角溝切子鉢》
《瑠璃被硝子切子花瓶》
《被硝子切子香合》
《被硝子籠目切子蓋物》
《被硝子くもの巣切子香合》
箕浦 淑子 みのうら よしこ

    1951
  • 神奈川県に生まれる。
    1972
  • 鶴見女子大学短期大学部(現・鶴見大学短期大学部)卒業
    1981
  • 江戸切子 小林英夫に師事
    1983
  • 伝統工芸武蔵野展 奨励賞受賞
    1984
  • 伝統工芸第七部会展初入選
    1985
  • 伝統工芸新作展初入選
    日本伝統工芸展初入選
    1992
  • 伝統工芸新作展 奨励賞受賞(1995年)
    1996
  • 個展(京都、1998、2000年)
    1998
  • 日本工芸会東日本支部幹事
    2001
  • 伝統工芸第七部会展 東京都教育委員会賞受賞
    2006
  • 伝統工芸新作展 東日本支部賞受賞
    2008
  • 「響の会」出品(和光並木ホール、2010年)

現在 日本工芸会正会員