展覧会のご案内

Space S Exhibition

スペース・S

美術館

ワークショップ

展覧会情報 ─ スペース・S

たんに身を飾るものとしてではなく、身の回りに置いても楽しめる小さなオブジェを世代の異なる4名の作家、江口週、中村ミナト、大平實、辻和美にご制作いただきました。 身体をいわばキャンバスとする身にまとうオブジェは、宝石や貴金属を愛でるのではなく、多様な素材を駆使し、造形こそが価値を決めるものとする視点に立ち生まれた作品です。 作品との対話を通じ、身につける人とそれを見る人をも包みこむ豊かなひとときをお過ごしいただけましたら幸いです。
出品作家
江口 週
Shu EGUCHI
江口週
左《生命の樹》ブロンズ 49×27×10 mm
右《受胎告知》ブロンズ 54×31×10 mm
中村 ミナト
Minato NAKAMURA
中村ミナト
左《水玉模様》アルミニウム 75×75×15 mm
右《水玉模様》アルミニウム 155×40×19 mm
大平 實
Minoru OHIRA
大平實
左《Untitled》ブロンズ 155×50×45 mm
右《ローン・レンジャー 》木 142×360×347 mm
辻 和美
Kazumi TSUJI
辻和美
左《Daily life ─ 秘密》ガラス 17×276×46mm
右《Daily life ─ 歪む》ガラス 27×270×70 mm