展覧会のご案内

Space S Exhibition

スペース・S

美術館

ワークショップ

展覧会情報 ─ スペース・S

V1=V2  アルミニウム  8.9×8.8×4.5 cm

彫刻とジュエリー

 いつも制作する時に決めていることがあります。ひとつは床や地面との接点を面ではなく線か点にすること。もうひとつは外側を内側と入れ替えること。この二つによって、重力に反して軽やかになり、また宇宙を内包できると思うからです。これを基に自分の思いを追って作っていると、その時々のタイトルが湧いてきます。
 時には彫刻に熱中したり、時にはジュエリーに熱中してきました。空間との関わりを大切にと彫刻を作り、身体との関係をとジュエリーを作り続け、振り返るとあっという間のことでした。これからは彫刻もジュエリーも一絡げにして、思うままに作ることができたらいいと思っています。

中村ミナト

Collective Effect 2009  アルミニウム  178×108×87/115×74×63/115×74×63 cm
Inside out  アルミニウム  左:5.5×9.6×6.5 cm 中央:5.5×6.7×7.2 cm 右:7.0×3.9×8.0 cm
アルミパイ  紙、アルミニウム  9.3×9.0×2.5 cm
黄色時々黒  アルミニウム  6.8×7.2×2.9 cm

画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。
中村ミナト なかむらみなと

    1947
  • 東京都に生まれる
    1965
  • 武蔵野美術大学彫刻科にて清水多嘉示に師事
    1969
  • 武蔵野美術大学彫刻科卒業
    1970
  • 武蔵野美術大学専攻科修了
    1971〜
  • スタディオ・ド・オロにて菱田安彦に師事
    1975
  • デビアス・ダイアモンド・インターナショナルアワード
    1984
  • 第25回暮らしを創る ‘84クラフト展優秀賞
    1985
  • 美術工芸振興佐藤基金第2回淡水翁賞
    第19回国際ジュエリー展銀賞、セルジュ・ユーゴスラビア
    1993
  • 湘南ひらつか野外彫刻展大賞

主な個展・グループ展
[彫刻]
    1980
  • 浜松野外美術展、浜松中田島砂丘、静岡県浜松市 (1986まで)
    1981
  • 精神の幾何学展、東京都美術館
    1993
  • 湘南ひらつか野外彫刻展、神奈川県平塚市
    サバイバル・ツール「体感する美術」、佐倉市美術館・千葉県
    1997
  • 第17回現代日本彫刻展招待出品、宇部市野外彫刻美術館、山口県
    2001
  • A Shriek from an Invisible Box、目黒区美術館
    2002
  • 東日本─彫刻 Sculptors of Eastern Japan、東京ステーションギャラリー、
    東京都
    2003
  • 第5回雨引の里と彫刻、茨城県真壁郡大和村(2006、2008、2011)
    2008
  • 個展、かわさきIBM市民文化ギャラリー、神奈川県川崎市
[ジュエリー]
    1973
  • 国際ジュウリーアート展、日本ジュエリーデザイナー協会主催
    (1976、1979、1983、1986)
    1981
  • アレッツォ国際ジュエリーアート展、アレッツォ・イタリア
    1984
  • 今日のジュエリー世界の動向展、京都市美術館・東京国立近代美術館
    1985
  • 現代日本美術の展望、富山県立近代美術館
    Schmuck vor Kopf und Haar、フォルツハイム装飾美術館・ドイツ
    1990
  • Triennale européenne du Bijou、ルクセンブルグ美術館、パリ・フランス
    1995
  • 日本の作家30人によるコンテンポラリー・ジュエリー展、
    ゲント市立装飾美術館、ベルギー、東京国立近代美術館工芸館
    2000
  • Selection 2000、エッセン美術館、エッセン・ドイツ
    2006
  • ジュエリーの今:変貌のオブジェ、東京国立近代美術館工芸館
    2012
  • 日本近代工芸の精華、ピッティ宮殿、フィレンツェ・イタリア(文化庁主催)

    主なコレクション
    東京国立近代美術館(1988、1990)[ジュエリー]
    京都国立近代美術館(1994)[ジュエリー]
    平塚市庁舎前庭(1994)[彫刻]
    目黒区美術館(1997)[彫刻]