展覧会のご案内

Space S Exhibition

スペース・S

美術館

ワークショップ

展覧会情報 ─ スペース・S

保田井智之展─ヴォールト

「スペース・S」で三回目の個展です。
ここ数年の制作は、私自身の皮を一枚一枚剥がしていく行動の連続に感じます。
「人」を表現したいと切望する心は変わらず持ち続けながらも作品は少しずつ「人」の形から他の何かに変化しているようです。
まだまだ、道中の制作が続きそうです。

保田井 智之

略歴

    1956
  • 宮崎県に生まれる
    1980
  • 武蔵野美術大学彫刻科卒業
    1995
  • アイルランド・アートカウンシル、タイロンガスリーセンターにて制作
    2002
  • 東北芸術工科大学芸術学部美術科助教授
    2004
  • 東北芸術工科大学芸術学部教授
    2005
  • 第22回平櫛田中賞受賞
    2011
  • 宮崎県文化賞受賞

主な個展
    1983
  • ギャラリー版(東京)
    1989
  • ギャラリーオカベ(東京)[‘90、’97]
    1991
  • ワコウ・ワークス・オブ・アート(東京)
    東京銀座アートセンター(東京)
    胡椒亭(東京)
    1992
  • アトリエスズキ(東京)[‘95、’98]
    1995
  • 小財堂画廊(東京)
    1997
  • 現代彫刻センター(東京)[‘02]
    2001
  • 福原画廊[‘03]
    2008
  • 「髙島屋美術部創設百年記念 保田井智之展 howda–hotai」髙島屋(横浜、日本橋、大阪、京都、名古屋、新宿)
    2017
  • 「保田井智之展—ヴォールト」スペース・S(東京)

主なグループ展
    1984
  • 「新制作協会展」[‘88まで]
    1987
  • 「7人の彫刻」東急(日本橋)[‘90まで]
    1990
  • 「INSIDE EYE The 1st 1990」東京銀座アートセンター(東京)、京都アートセンター(京都)
    「具具展」髙島屋(日本橋、大阪)[‘93、‘95、‘97、‘99]
    1991
  • 「宮崎現代彫刻展」(宮崎)
    1992
  • 「日向現代彫刻展」(宮崎)[‘94まで]
    1993
  • 「7人の彫刻 7+4」東急(日本橋)、丸栄スカイル(名古屋)
    1994
  • 「メビウスの環–時– 齋藤典彦 保田井智之 展」高島屋(日本橋)
    1997
  • 「南九州の現代作家達 MESSAGE ‘97」都城市立美術館(宮崎)
    1998
  • 「村居正之 保田井智之 二人展」髙島屋(日本橋、横浜、京都、大阪)
    1999
  • 「メディテーション–真昼の瞑想」栃木県立美術館(栃木)
    2000
  • 「寺田コレクション秀作展 part 2」東京オペラシティアートギャラリー(東京)
    「スピリチュアル・ガーデン」東京オペラシティアートギャラリー(東京)
    2001
  • 「人のかたち–寺田コレクションより」東京オペラシティアートギャラリー(東京)
    2002
  • 「彼方へ–寺田コレクションより」東京オペラシティアートギャラリー(東京)
    2004
  • 「タイム・オブ・マイ・ライフ–永遠の少年たち」東京オペラシティアートギャラリー(東京)
    「現代クレヨン画展」日南町美術館(鳥取)
    「保田井智之 宮いつき 二人展」天満屋(高松)
    2005
  • 「バンデッド・ブルー」鶴岡アートフォーラム(山形)
    2006
  • 「ブラック&ホワイト」東京オペラシティアートギャラリー(東京)

主なパブリックコレクション
東京オペラシティ文化財団(東京)
北海道立旭川美術館(北海道)
宮崎県立美術館(宮崎)
平塚市美術館(神奈川)
都城市立美術館(宮崎)
日南町美術館(鳥取)
シーガイヤ(宮崎)
鳳来寺山門谷(愛知)